本文へスキップ

服の収納術について

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

服の収納術について

洋服の収納に関して課題を抱えているご家庭も少なくありません。何故ならば、洋服は散らかりやすく、枚数も複数枚になるからです。日本には四季があり、季節によって気温が変化します。気温に応じて着る洋服を分けるのが一般的です。また、流行を考えてコーディネートしている方も少なくないため、その年ごとに流行のものを着用するため、複数枚取り揃えておく方も大勢います。

洋服は、日常的に着用する収納するスペースと、日常的に着用しないスペースをそれぞれ分けて収納することが多いでしょう。例えば、現在の季節が冬の場合、冬物の洋服は日常的に着用しますが、夏物の洋服は着ることはありません。この場合、冬物は日常的に使用するスペースに収納し、利用する機会がない夏物の洋服は、長期収納の場所に保管しておけば、衣類をごちゃ混ぜにすることなく収納が可能です。

種類ごとに服を分けることも収納術の一つです。服には種類があります。例えば、コートやシャツ、ワンピースなどです。それぞれの種類を小分けにすれば、取り出す時も容易です。また、種類ごとに分類されるため、収納の見た目も改善できます。洋服の種類だけでなく、帽子や鞄などもそれぞれわけておけば、取り出す際の利便性が高まります。

服の数を把握することも収納術の一つです。洋服の数を把握すれば整理整頓の時に役立てられます。また、破棄する時にも役に立ちます。洋服を普段から定期的に購入する方は、年々洋服の種類や数が増えます。そのため、定期的に捨てたりすることも必要です。今まで着たことがない洋服が長期間保管されている、または、買ったことを忘れている洋服をクローゼットから見つけた経験がある方もいるでしょう。着る予定がない洋服は、なるべく捨てて収納力を高めることが必要です。現在では、捨てるだけでなく、スマートフォンを利用して着なくなった洋服を販売するサイトや、宅配で買取りをしてくれるサービスを活用すれば、処分する際に役立てられるのではないでしょうか。収納道具を使用することも収納術の一つです。例えば、クローゼットの中にハンガーをかけられるスペースを作ったり、ハンカチやタオルなどを収納できる収納アイテムを購入したりすれば、容易に収納できる場合があります。これらは、100円ショップでも収納するためのアイテムが販売されています。

このように、服の収納術は数多く挙げられます。今回は、それ以外にも押入れやキッチンの収納術を紹介します。

information新着情報

2017年05月28日
ホームページを更新しました。